FP3級 2018年1月 実技(金財:個人)問7

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問7

Aさんの2020年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 妻Bさんは控除対象配偶者に該当するため、Aさんは、妻Bさんについて()万円の配偶者控除の適用を受けることができる。
  2. 長男Cさんは特定扶養親族に該当するため、Aさんは、長男Cさんについて()万円の扶養控除の適用を受けることができる
  3. 母Dさんは老人扶養親族(同居老親等)に該当するため、Aさんは、母Dさんについて()万円の扶養控除の適用を受けることができる。
  1. ① 38  ② 38  ③ 48
  2. ① 48  ② 63  ③ 48
  3. ① 38  ② 63  ③ 58

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

〔①について〕
配偶者控除の適用を受けるためには、配偶者の合計所得金額が48万円以下であること、納税者の合計所得金額が1,000万円以下であることが必要です。
妻Bさんは収入がない専業主婦なので控除対象配偶者に該当します。給与所得控除額を考慮すると、Aさんの合計所得金額はざっくり750万円なので、38万円の配偶者控除を受けられます。

〔②について〕
長男Cさんは20歳で収入がないので、特定扶養親族となり63万円の扶養控除の適用を受けることができます。

〔③について〕
母Dさんには年金収入がありますが、65歳以上の人に係るの公的年金控除額の最低額110万円を控除すると、母Dさんの合計所得金額は10万円になります。よって、控除扶養親族となります。70歳以上の人は同居老親等に該当するため58万円の扶養控除を受けることができます。

したがって[3]の組合せが正解です。