FP3級 2018年1月 実技(金財:保険)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

公正証書遺言に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「公正証書遺言は公証役場で作成するため、その作成費用が税金で賄われており、遺言者が手数料を負担する必要はありません」
  2. 「公正証書遺言を作成する場合、証人2人以上の立会いが必要となりますが、遺言者の推定相続人は、この証人になることはできません」
  3. 「仮に、Aさんの相続が開始し、相続人がAさんの公正証書遺言を発見した場合、相続人は、遅滞なく、遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければなりません」

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がそれを筆記して作成される遺言です。作成した遺言原本は公証役場で保管されます。公正証書遺言は、作成時に証人2人以上の立会いが必要で、検認手続は不要です。
  1. 不適切。公正証書遺言は遺言者が手数料を負担する必要があります。手数料は財産の価格によって決まっています。
  2. [適切]。公正証書遺言を作成する際には、証人(未成年者や利害関係者以外の人)2名以上の立ち会いが必要になります。
  3. 不適切。公正証書遺言は相続開始時に家庭裁判所の検認を受ける必要はありません。
したがって適切な記述は[2]です。