FP3級 2018年1月 実技(FP協会:資産設計)問12

問12

小田悟さん(67歳)の平成29年分の公的年金等の収入金額は310万円である。小田さんの平成29年分の公的年金等の雑所得の金額として、正しいものはどれか。なお、小田さんは公的年金等以外に収入はないものとする。
12.gif/image-size:560×178
  1. 120万円
  2. 190万円
  3. 195万円

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:7.年金と税金

解説

公的年金等の雑所得の金額の計算式は「公的年金等の収入金額-公的年金等控除額」です。公的年金等控除額の金額は、資料で示されている通り65歳以上がどうかによって異なりますが、小田さんは67歳ですので速算表の65歳以上の者の欄を使用します。

小田さんの収入金額は310万円なので表中の300万円未満に分類され、公的年金等控除額は120万円になります。これらの金額を式に当てはめると、公的年金等の雑所得の金額は、

 310万円-120万円=190万円

となります。よって正解は[2]です。