FP3級 2018年1月 実技(FP協会:資産設計)問10

問10

下記<資料>に基づき、大津隆史さんの平成29年分の所得税を計算する際の所得控除に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものを○、誤っているものを×とした組み合わせとして、正しいものはどれか。
10.gif/image-size:482×155
(ア)妻の由美さんは、給与所得が38万円未満であるため、控除対象配偶者に該当する。
(イ)長男の俊介さんは、16歳以上であるため、特定扶養親族に該当する。
(ウ)母のキミさんは、65歳以上であるため、老人扶養親族に該当する。
  1. (ア)○ (イ)× (ウ)×
  2. (ア)○ (イ)× (ウ)○
  3. (ア)× (イ)○ (ウ)○

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

〔(ア)について〕
由美さんの所得金額は38万円以下であるため、控除対象配偶者に該当します。よって正しい(○)。

〔(イ)について〕
特定扶養親族とは「19歳以上23歳未満の者」が対象となるので、17歳の俊介さんは対象とはなりません。俊介さんは一般の扶養親族に該当するため、扶養控除は38万円となります。よって誤りです(×)。

〔(ウ)について〕
老人扶養親族は「70歳以上の者」が対象となるので、68歳のキミさんは対象とはなりません。よって、誤り(×)。

したがって(ア)○、(イ)×、(ウ)×となる[1]が正解です。