FP3級過去問題 2018年1月学科試験 問11

問11

A国の市場金利が上昇し、B国の市場金利が低下することは、A国通貨とB国通貨の為替相場においては、一般に、A国通貨安、B国通貨高の要因となる。

正解 ×

解説

A国の金利が上昇すると、市場では、より高い金利を求めてB国の通貨を売り、A国の通貨を買おうとします。この流れにより一般に、B国通貨安、A国通貨高になります。
したがって記述は[適切]です。