FP3級 2017年9月 実技(金財:個人)問12

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問12

民法における瑕疵担保責任に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. Aさんが甲マンションに入居後、隠れた瑕疵が判明し、AさんがXさんの瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、Aさんはその隠れた瑕疵があることを知った時から1年以内に権利を行使しなければならない。
  2. 民法における瑕疵担保責任は強行規定であるため、XさんおよびAさんの合意があっても、「売主は瑕疵担保責任を負わない」とする特約は無効である。
  3. Xさんは、甲マンションに隠れた瑕疵があることを知らなかった場合、その瑕疵について瑕疵担保責任を負う必要はない。

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:2.不動産の取引

解説

  1. [適切]。売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主がその瑕疵の存在を知らずに契約をした場合は、瑕疵の発見から1年以内に限り売主の瑕疵担保責任を追及することができます。具体的には損害賠償請求や契約解除を求めることができます。
  2. 不適切。瑕疵担保責任は強行規定ではなく任意規定ですので、売主買主の合意のもとに、売主が瑕疵担保責任を負わないと定めることもできます。
    売主が宅地建物取引業者の場合は、そのような定めをすることはできませんが、Xさんは宅地建物取引業者ではないので、瑕疵担保責任を負わない特約は有効です。
  3. 不適切。売主は、瑕疵について善意/悪意(知っていたかどうか)にかかわらず、買主が瑕疵を知らなかったことにつき過失がなければ、瑕疵担保責任を負わなければなりません。
    よって、売主Xさんは隠れた瑕疵があることを知らなかった場合でも瑕疵担保責任を負います。
したがって適切な記述は[1]です。