FP3級 2017年9月 実技(金財:個人)問7

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問7

所得税の確定申告に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
給与所得者の給与から源泉徴収された所得税は、勤務先で行う年末調整によって精算されるため、その年分の所得が1カ所のみからの給与所得だけであれば、原則として、給与所得者は、所得税の確定申告が不要である。ただし、その年分の給与収入の金額が()万円を超える給与所得者の場合は、勤務先での年末調整の対象とならないため、所得税の確定申告をしなければならない。
 Aさんは、平成29年分の給与収入の金額は()万円を超えていないが、給与所得および退職所得以外の所得金額が()万円を超えているため、平成29年分の所得税の確定申告をしなければならない。なお、所得税の確定申告を要しない場合であっても、年末調整では控除されない()などの適用を受ける場合には、所得税の還付を受けるために確定申告書を提出することができる。
  1. ① 2,000 ② 10 ③ 寄附金控除
  2. ① 2,000 ② 20 ③ 医療費控除
  3. ① 1,000 ② 10 ③ 生命保険料控除

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:7.所得税の申告と納付

解説

〔①について〕
給与所得のみの人であっても、その年の給与収入額が2,000万円を超える人は年末調整の対象外となるため、確定申告を行わなければなりません。

〔②について〕
給与所得および退職所得以外の所得金額の合計が20万円を超える人や、給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった方の給与(従たる給与)と各種所得の合計が20万円を超える人は確定申告を行う必要があります。
Aさんは、個人年金保険の解約返戻金に係る一時所得の金額は「900万円-800万円-50万円=50万円」で、20万円を超えるので確定申告を行わなくてはなりません。

〔③について〕
所得控除のうち、医療費控除(セルフメディケーション税制含む)、寄付金控除、雑損控除の3つについては年末調整の対象外ですので、適用を受けるためには確定申告を行う必要があります。

以上より、①2,000、②20、③医療費控除 となる[2]の組合せが適切です。