FP3級 2017年9月 実技(金財:個人)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

Mさんは、Aさんに対して、Aさんに係る公的年金制度からの老齢給付について説明した。Mさんの説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんが原則として64歳から受給することができる特別支給の老齢厚生年金は、Aさんが厚生年金保険の被保険者である間、在職支給停止の仕組みにより、年金額の一部または全部が支給停止となる場合があります」
  2. 「Aさんが65歳でX社を退職し、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給する場合、老齢厚生年金には、加給年金額が加算されません」
  3. 「Aさんは老齢厚生年金の支給開始を66歳以後に繰り下げることができますが、老齢厚生年金の繰下げ支給の申出は、老齢基礎年金の繰下げ支給の申出と同時に行う必要があります」

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

  1. [適切]。65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金(在職老齢年金)は、基本月額と総報酬月額相当額の合計額が28万円を超える場合、在職老齢年金の仕組みにより一部または全額停止となります。
  2. 不適切。加給年金は、厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある人が、65歳到達時点(または定額部分支給開始年齢に到達した時点)で、その人に生計を維持されている下記の配偶者または子がいると老齢厚生年金に既定額が加算される制度です。イメージでいうと配偶者手当・扶養手当のようなものです。
    • 65歳未満の配偶者
    • 18歳到達年度の末日までの間の子
      または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子
    Aさんが65歳になった時点で妻Bさんは63歳であり、またAさんは厚生年金の被保険者期間が20年(240月)以上あるので加給年金が支給されます。
  3. 不適切。年金支給開始の繰下げは、基礎・厚生どちらも一緒に繰り下げることも可能ですし、どちらかだけ繰り下げることもできます。同時に申し出を行う必要はありません。なお、繰上げ請求については、老齢基礎年金のみ、もしくは老齢厚生年金のみを繰上げることはできません。
したがって適切な記述は[1]です。