FP3級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問12

問12

個人事業主として物品販売業を営む細井浩輔さんの平成29年分の各種所得の金額が下記<資料>のとおりと見込まれる場合、細井さんの総合課税の対象とされる総所得金額として、正しいものはどれか。なお、細井さんの平成29年中の所得は<資料>に記載されている所得以外にはないものとする。

<資料>
[細井さんの平成29年分の所得の金額(見込み額)]
事業所得の金額 250万円
給与所得の金額  80万円(退職した勤務先から受給したもので、給与所得控除後の金額である)
譲渡所得の金額 300万円(不動産の譲渡によるもの)
  1. 250万円+80万円+300万円=630万円
  2. 80万円+300万円=380万円
  3. 250万円+80万円=330万円

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

総所得金額を求める問題ですが、資料からどれを合計したらよいのかを丁寧に見ていく必要があります。
  • 事業所得 250万円
  • 給与所得 80万円
  • (不動産)譲渡所得 300万円
と、三つの所得金額が提示されていますが、今回、総所得金額として合計できるのは、事業所得と給与所得のみになります。

なぜなら、土地や建物を譲渡したことによる譲渡所得は分離課税であり、総所得金額に含むことができないからです。

よって、事業所得と給与所得を足した金額が総所得金額になります。

 250万円+80万円=330万円

したがって[3]が正解です。