FP3級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。
05.gif/image-size:524×372
  • この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2016年3月期における年間の配当金額(税引前)は()円であったことが分かる。
  • 2016年3月期における1株当たりの利益は()円であったことが分かる。
  1. (ア) 650  (イ)12
  2. (ア)1,200  (イ)12
  3. (ア)1,200  (イ)47.2

正解 3

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

会社四季報から業績を読み取る問題です。日頃、四季報を見慣れている方でなければ難しく感じる問題だと思いますが、FP3級で質問される数値は限定されていますから、どこを見たら良いか慣れるようにしましょう。

〔(ア)について〕
この企業の株式1単位は、資料一番上の中央左寄りに【株式】と書いてありますが、その下に(単位 100株)と書いてありますので、100株ということになります。
配当については、資料の真ん中より下の欄にある【業績】というところに「1株配(円)」とあります。ここに年間の1株当たりの配当金合計額が記載されています。
ここを見ると、2016年の3月期決算による配当金は12円とあります。したがって、1単位の配当金合計は、

 12円×100株=1,200

〔(イ)について〕
1株当たりの利益ですが、資料の下の欄左側の【業績】欄に「1株益(円)」とあり、ここに、年間の1株当たりの利益合計額が記載されています。
そこの欄を見ると、2016年3月期決算時、47.2円と記載されています。

以上より、(ア)1,200、(イ)47.2 となる[3]の組合せが適切です。