FP3級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問10

問10

会社員の室井さんは、平成28年9月中に新築住宅を購入し、同年中に居住を開始した。住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の(ア)、(イ)の記述について、正しいものを○、誤っているものを×とした組み合わせとして、正しいものはどれか。

(ア)室井さんは、所得税の住宅ローン控除について、平成28年分から勤務先における年末調整により適用を受けることができる。
(イ)住宅ローン控除の適用対象となる住宅の床面積は50㎡以上であり、床面積の2分の1以上を自己の居住の用に供していなければならない。
  1. (ア)○  (イ)○
  2. (ア)×  (イ)○
  3. (ア)○  (イ)×

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:6.税額控除

解説

〔(ア)について〕
×誤り。初めて住宅ローン控除を受けようとする年については確定申告が必要です。2年目以降は年末調整により適用を受けることができます。

〔(イ)について〕
〇正しい。住宅ローン控除の適用要件として、住宅の床面積が50㎡以上で2分の1以上を自己の居住の用に供していなければならないというものがあります。
床面積の2分の1以上を自己の居住の用に供するとは、例えば、店舗兼住宅のような建物で住宅部分の床面積が2分の1以上でなければならないということです。

したがって[2]の組合せが適切です。