FP3級 2017年1月 実技(金財:個人)問12

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問12

《設例》の〈建築を検討している賃貸アパートの概要〉に基づいてAさんが賃貸アパートを建築し、賃貸する場合の建築費等投資額に対する純利回り(NOI利回り)として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 72万円7,200万円×100=1%
  2. 216万円7,200万円×100=3%
  3. 504万円7,200万円×100=7%

正解 3

分野

科目:E.不動産
細目:7.不動産の有効活用

解説

純利回り(NOI利回り)は、投資額に対する年間収入から経費等の支出を除いた額(利益)の割合を示す指標で、「実質利回り」や「ネット利回り」とも呼ばれます。単純利回りとともに、不動産投資の採算性を測る指標として使われています。

純利回り(%)は、以下の計算式で求められます。

 純利回り(%)=(年間賃料収入額-年間費用)÷投資額×100

この式の年間費用には減価償却費や借入金利子を含みません。

設例の金額の中から、この計算式に入る数字を探します。
年間賃料収入額
年間賃貸収入 720万円
年間費用
年間実質費用 216万円
総投資額
投資総額 7,200万円
式に各値を代入して純利回りを求めます。

 (720万円-216万円)/7,200万円×100
=504万円÷7,200万円×100=7%

したがって[3]が適切な計算式です。