FP3級 2017年1月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、X社株式について説明した。Mさんが説明した次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「X社は、主な原材料を海外から輸入しているため、一般に、円安の進行は株価にとって好材料となると考えられます」
  2. 「X社は前期に1株当たり10円の配当金を支払っていますが、配当金の額はX社の業績等により変動することがあります」
  3. 「X社は過去3年間、増収増益を達成していることから、X社株式の株価は今後必ず上昇しますので、ご購入をお勧めします」

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. 不適切。円安になると、次の例のように円換算での調達価格が増加します。
    1ドル100円
    1ドル分の原材料を100円で輸入
    1ドル120円
    1ドル分の原材料を120円で輸入
    原材料のコストが上がるので株価にとって好材料とは言えません。
  2. [適切]。株価の変動や会社の業績により配当金の額は変動します。
  3. 不適切。過去3年間、増収増益であり、今後も必ず株価が上昇する可能性が高いと考えても、顧客に対して断定的な判断を提供することは禁止されています。
したがって適切な記述は[2]です。