FP3級 2017年1月 実技(金財:保険)問11(改題)

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問11

Aさんの2020年分の所得税における総所得金額は、次のうちどれか。
11.gif/image-size:415×206
  1. 865万円
  2. 890万円
  3. 940万円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

Aさんの収入のうち、給与収入は給与所得に、一時払変額個人年金保険の解約返戻金は一時所得に分類されます。

まず給与所得を「給与収入-給与所得控除」の式で計算します。さらに、Aさんには23歳未満の扶養親族がおり給与収入が850万円超なので、所得金額調整控除(子ども等)の計算も必要になります(給与所得から控除)。

給与収入が1,000万円なので、<資料>よろ給与所得控除額は上限の「195万円」です。

所得金額調整控除(子ども等)は、「(給与収入-850万円)×10%」で計算し、上限は15万円です。Aさんのように給与収入が1,000万円以上の人は上限15万円になります。

給与所得の金額は、給与収入金額から上記2つの控除額を差し引いて、

 給与所得=1,000万円-195万円-15万円=790万円

一時所得については以下の式で計算し、計算された一時所得の金額の2分の1が総所得金額に算入されます。
設問の事例では、解約返戻金が700万、一時払保険料が500万円ですので、

 一時所得の金額=700万円-500万円-50万円=150万円
 課税対象額=150万円×1/2=75万円

Aさんの総所得金額は2つの金額を合算したものになります。

 790万円+75万円=865万円

したがって[1]が正解です。