FP3級 2016年9月 実技(金財:保険)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

《設例》の終身保険に関するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「保険料払込満了時に当該生命保険を解約した場合、X社はそれまで資産計上していた保険料積立金を取り崩し、解約返戻金額との差額を雑損失として経理処理します」
  2. 「保険期間中にX社に緊急の資金需要が発生した場合、契約者貸付制度を活用することができます。契約者貸付を利用できる上限は、利用時点での解約返戻金相当額となります」
  3. 「長男Bさんが死亡した場合にX社が受け取る死亡保険金は、借入金の返済や運転資金等の事業資金として活用することができます」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 不適切。保険料払込満了時の解約返戻金額は7,900万円、一方それまでの既払込済保険料の累計額は7,500万円です。保険料払込満了時に解約した場合、「解約返戻金額>既払込済保険料」となるため差額の400万円は雑収入として益金に算入します。
  2. 不適切。契約者貸付制度は、解約返戻金の一部を保険会社から借り入れられる制度です。借入限度額は、一般的に解約返戻金の70~90%が相場となっています。なお、貸付金には保険会社所定の利息が掛かります。本肢は「解約返戻金相当額」としているため誤りです。
    本制度を利用すれば、収入の減少などにより一時的に保険料の払い込みが困難になった場合や、急にまとまった資金が必要となった際に保険契約を解約せずに資金を調達することができます。
  3. [適切]。法人が受け取る死亡保険金の用途は、その法人が必要に応じて自由に決めることができます。Bさんの死亡退職金とするほか、会社の借入金の返済や運転資金への充当など自由に活用できます。
したがって適切な記述は[3]です。