FP3級 2016年5月 実技(金財:個人)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

Mさんは、長女Cさんの国民年金への加入について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
 「長女Cさんは、原則として、20歳に達した日から国民年金に()として加入することになり、国民年金の保険料の納付が義務づけられます。ただし、大学生である長女Cさんについては、()の所得が一定以下の場合には、学生納付特例制度を利用することにより、在学中の国民年金の保険料の納付が猶予されます。この制度を利用して納付が猶予された保険料は、所定の手続により、()前まで遡って追納することができますが、保険料を追納しなかった場合、納付が猶予された期間は、老齢基礎年金の年金額の計算の対象となる月数には算入されません」
  1. ① 第1号被保険者 ② Aさん(世帯主) ③ 5年
  2. ① 第3号被保険者 ② Aさん(世帯主) ③ 10年
  3. ① 第1号被保険者 ② 長女Cさん(被保険者本人) ③ 10年

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

〔①について〕
国民年金には第1~3号の被保険者区分があります。
第1号被保険者
日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で第2号・第3号被保険者でない者
●自営業者、農業従事者、無職の人、学生など
第2号被保険者
厚生年金の被保険者で原則65歳未満の者
●会社員、公務員など
第3号被保険者
第2号被保険者の配偶者で、その者によって生計を維持されている20歳以上60歳未満の者
●専業主婦、パート勤めの配偶者など
長女Cさんは大学生ですから、第1号被保険者になります。たとえ扶養されていても、配偶者以外の人は第3号被保険者にはなれません。

〔②について〕
日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、本人の所得が一定以下の学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。学生納付特例制度を利用できるか否かは本人の所得により判定され、世帯主の所得は関係ありません。

〔③について〕
学生納付特例制度により納付を猶予された期間は、老齢基礎年金の受給資格期間に含まれますが、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれません。もし老齢基礎年金の満額を受け取りたいのであれば、承認を受けた年から数えて10年以内に猶予期間分の国民年金保険料を追納する必要があります。
なお、在学中の申請は年度ごとに毎年行う必要があります。

以上より、①第1号被保険者、②長女Cさん(被保険者本人)、③10年 となる[3]の組合せが適切です。