FP3級 2016年5月 実技(金財:保険)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Mさんは、《設例》の逓増定期保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「Aさんが加入を検討している逓増定期保険の保険金額は、逓増率変更年度以降、契約時の5倍まで増加します。なお、逓増率変更年度以降は、保険料も合わせて上昇しますので、加入前にX社の保険料負担を考慮するようにしてください」
  2. 「逓増定期保険の解約返戻金の額は、保険期間の経過により増減しますが、保険期間満了時には0(ゼロ)となります」
  3. 「逓増定期保険に加入後、契約から5年経過時に解約した場合、解約時点における資産計上額を取り崩し、解約返戻金額との差額を雑収入として計上することになります」

正解 1

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. [不適切]。逓増定期保険は設例の図のように、保険金額が最大で契約開始時の5倍まで増加する生命保険です。保険金額は増加していきますが、保険料は当初のまま一定です。
  2. 適切。逓増定期保険や長期平準定期保険では、解約返戻率のピーク期間が長く続いた後、満了に近づくにつれて徐々に減っていき、満了時には0(ゼロ)になります。
  3. 適切。解約返戻金と受け取った際には、積み立てた資産計上額との差額を雑収入又は雑損失として計上します。
したがって不適切な記述は[1]です。