FP3級 2016年5月 実技(金財:保険)問8

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問8

《設例》の生命保険の第1回保険料払込時の経理処理(仕訳)として、次のうち最も適切なものはどれか。
08.gif/image-size:506×117
  1. 08_1.gif/image-size:373×67
  2. 08_2.gif/image-size:373×67
  3. 08_3.gif/image-size:373×67

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

逓増定期保険の支払保険料の経理処理は、設問の表のように、①加入時の被保険者の年齢、②満了時の被保険者の年齢の関係によって変わります。

Aさんが提案を受けている生命保険に加入するとなると、加入時の年齢は50歳、満了時の年齢は72歳、保険期間は22年になるので、
  • 満了時の年齢 … 72
  • 加入時の年齢+保険期間×2 … 50+22×2=94
この数値を表に当てはめると①に該当するので、支払保険料は、2分の1を定期保険料として損金に、残りの2分の1を前払い保険料として資産計上します。

よって[3]の仕訳が適切です。