FP3級 2016年5月 実技(金財:保険)問7

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問7

仮に、将来X社がAさんに役員退職金5,000万円を支給した場合、Aさんが受け取る役員退職金に係る退職所得の金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんの役員在任期間(勤続期間)を22年とし、これ以外に退職手当等の収入はなく、障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。
  1. 07_1.gif/image-size:390×22
  2. 07_2.gif/image-size:390×21
  3. 07_3.gif/image-size:390×13

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

退職所得の金額は、「(退職に係る収入金額-退職所得控除額)×1/2」の算式で計算します。退職所得控除額は、勤続年数によって異なり下表のようになっています。
役員退職金支給時のAさんの勤続年数は22年ですので、退職所得控除額は、

 800万円+(70万円×(22年-20年))=940万円

退職一時金の額は5,000万円ですので、退職所得の金額は、

 (5,000万円-940万円)×1/2=2,030万円

したがって[1]の式が適切です。

退職所得の金額を求める際は、最後に1/2をかける必要があるので忘れないようにしましょう。