FP3級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問20

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問20

杏奈さんは休業期間に係る社会保険料の免除について理解を深めておきたいと思い、FPの大場さんに質問をした。社会保険料の免除に関する次の説明のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「私傷病休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」
  2. 「介護休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」
  3. 「育児休業期間中の社会保険料は、所定の要件を満たした場合、被保険者および事業主とも支払いを免除されます。」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

  1. 不適切。私傷病休業期間中は労使ともに社会保険料は免除になりません。私傷病休業期間中の公的給付としては、健康保険の傷病手当金があります。
  2. 不適切。介護休業期間中は労使ともに社会保険料は免除になりません。介護休業期間中の公的給付としては、雇用保険の介護休業給付があります。
  3. [適切]。産前産後休業中、育児休業中の社会保険料は、申出により労使ともに免除されます。
したがって適切な記述は[3]です。