FP3級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問11

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問11

杉田佳宏さんは、妻と長女の3人で暮らしている。杉田さん家族の平成27年分の所得等が下記<資料>のとおりである場合、所得税に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる語句として、正しいものはどれか。
11.gif/image-size:548×146
杉田佳宏さんの平成27年分の人的控除に係る所得控除額は、基礎控除38万円、()を合計した金額である。
  1. 配偶者控除38万円、扶養控除38万円
  2. 配偶者控除38万円、扶養控除63万円
  3. 配偶者特別控除38万円、扶養控除38万円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

まず、それぞれの所得控除について確認しておきましょう。
配偶者控除(※)
配偶者の年間所得が38万円以下であるときに、38万円(70歳以上の配偶者の場合は48万円)の所得控除を受けられる。
配偶者特別控除(※)
配偶者の年間所得が38万円超123万円以下であるときに、その所得金額に応じて3万円~38万円の所得控除を受けられる。納税者の合計所得が1,000万円以下であることが適用要件となっている。
扶養控除
年間の合計所得金額が38万円以下の扶養親族がいるときに、納税者の所得から所定の金額を控除できる。
妻 和子さんと長女 麻美さんが、それぞれどの控除を受けられるかを考えます。

〔妻 和子さん〕
給与所得が38万円ですので配偶者控除の対象となります。和子さんは40歳ですので、控除額は38万円です。

〔長女 麻美さん〕
麻美さんは17歳で特に収入がないので、控除対象扶養親族のうち一般扶養親族に区分されます。よって38万円の扶養控除を受けられます。

したがって[1]の組合せが適切です。

※法令改正により、平成30年以降の配偶者控除には合計所得金額1,000万円以下という所得制限が加わりました。また両制度ともに控除額が変更になっています。本解説は試験実施時の法令を基にしていますのでご注意ください。