FP3級過去問題 2016年5月学科試験 問27

問27

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。

正解 ×

解説

遺留分とは、遺族の生活保障を考慮し、相続財産の一定割合を、一定範囲の相続人に留保する制度です。遺留分が認められている遺族と、その割合は次の通りです。
各人の遺留分の計算方法は法定相続分の考え方と同じです。したがって、設問のケースでは配偶者・子ともに2分の1になります。

このケースにおける遺留分は全体の2分の1なので9,000万円です。各人の遺留分は、この9,000万円に配分割合を乗じて求めます。
  • 配偶者 … 9,000万円×1/2=4,500万円
  • 子 … 9,000万円×1/2=4,500万円
したがって記述は[誤り]です。