FP3級 2016年1月 実技(金財:個人)問14

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問14

二女Dさんが、平成27年中に、Aさんから受けた現金500万円の贈与について二女Dさんが納付すべき平成27年分の贈与税額は、次のうちどれか。なお、二女Dさんは相続時精算課税を選択せず、暦年課税を選択するものとする。また、二女Dさんはこれ以外の贈与を受けていないものとする。
14.gif/image-size:333×106
  1. (500万円-110万円)×15%-10万円=48万5,000円
  2. 500万円×20%-30万円=70万円
  3. (500万円-30万円-110万円)×20%=72万円

正解 1

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:2.贈与と税金

解説

二女Dさんは暦年課税を選択しているので、受贈額から贈与税の基礎控除110万円を控除した後、その金額に税率をかけて贈与税額を求めます。

 贈与税の課税価額=500万円-110万円=390万円
 贈与税額=390万円×15%-10万円=48万5,000円

したがって、上記2つの式をまとめた

 (500万円-110万円)×15%-10万円=48万5,000円

の計算式が適切です。