FP3級 2016年1月 実技(金財:保険顧客)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、生命保険の商品性や特徴についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「最近の医療環境においては、入院日数の短期化、治療費の高額化に加え、退院後の通院費用も増加傾向にあります。そのため、医療保障の準備を検討する際には、入院保障に加え、退院後の通院保障の有無、保障範囲も確認する必要があります」
  2. 「定期保険(特約)には、契約から10年・15年と保障期間を更新していく更新型と主契約の保険料払込期間を保障期間とする全期型の2通りがあります。更新型、全期型ともにメリット・デメリットがありますので、どちらのタイプがAさんに適しているか、加入前に検討するようにしてください」
  3. 「最近では、障害状態となった場合に公的介護保険制度や身体障害者福祉法に連動して保険金が支払われる保険商品があります。これらの保険商品から支払われる保険金は、入院給付金等と異なり、一時所得として課税の対象となります」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。