FP3級 2016年1月 実技(FP協会:資産設計)問14

問14

下記は、普通方式の遺言の要件等についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、問題作成の都合上、表の一部を空欄(***)としている。
14.gif/image-size:560×160
  1. (ア)15 (イ)1人以上 (ウ)不要
  2. (ア)15 (イ)2人以上 (ウ)不要
  3. (ア)18 (イ)2人以上 (ウ)必要

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

〔(ア)について〕
民法961条では、「十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」と定めています。どの方式の遺言書も15歳以上ならば作成できます。

〔(イ)について〕
公正証書遺言は、証人2人以上の立会いの下に作成されます。また、秘密証書遺言は、封印した遺言書を公証人1人及び証人2人以上の前に提出して、署名・押印を受けなければなりません。どちらの方式も証人2人以上の立会いが必要です。

〔(ウ)について〕
公正証書遺言は、作成後に公証役場で保管されます。自筆証書遺言および秘密証書遺言では、相続開始時に家庭裁判所で検認を受けなければなりませんが、公正証書遺言については検認手続が不要です。

以上より、(ア)15、(イ)2人以上、(ウ)不要 となる[2]の組合せが適切です。