FP3級 2016年1月 実技(FP協会:資産設計)問11(改題)

問11

山田太郎さんの2020年分の公的年金等の収入金額が下記<資料>のとおりである場合、山田さんの2020年分の公的年金等の雑所得の金額として、正しいものはどれか。なお、山田さんは、下記<資料>以外に収入はないものとする。また、問題作成の都合上、源泉徴収票の一部を空欄(※※※)としている。
11_1.gif/image-size:402×339
11_2.gif/image-size:560×214
  1. 720,000円
  2. 1,090,000円
  3. 1,300,000円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

公的年金等の雑所得の金額は「公的年金等の収入金額-公的年金等控除額」で求めます。公的年金等控除額の金額は、資料で示されている通り65歳以上がどうかによって異なりますが、山田さんは73歳ですので速算表の65歳以上の者の欄を使用します。

小田さんの収入金額は182万円なので表中の330万円未満に分類され、公的年金等控除額は110万円になります。これらの金額を式に当てはめると、公的年金等の雑所得の金額は、

 182万円-110万円=72万円

となります。よって正解は[1]です。

※昭和22年→1947年、2020-1947=73歳