FP3級 2015年9月 実技(金財:個人)問5

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。
【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、NISAについて説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。
 「NISAは、個人投資家がNISA口座を利用して上場株式等に投資する場合に配当等や譲渡益等が非課税となる税制優遇制度です。平成27年中にNISA口座でX社株式を購入する場合、非課税投資枠の上限は()となり、その非課税期間は最長で()となります。また、NISA口座の受入れの対象となる金融商品には、上場株式のほかに、公募株式投資信託や()などがあります」
  1. ① 100万円 ② 5年間 ③ 上場不動産投資信託(J-REIT)
  2. ① 100万円 ② 3年間 ③ 公社債投資信託
  3. ① 150万円 ② 5年間 ③ 公社債投資信託

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

〔①について〕
2015時点におけるNISAの非課税投資枠の上限は年間100万円です。
※法令改正により、2016年以降は上限が120万円になっています。本解説は試験実施時の法令に基づくものですのでご注意ください。

〔②について〕
非課税期間は最長で5年間です。

〔③について〕
NISA口座の受け入れ対象となる金融商品には、上場株式のほかに、株式投資信託やETF及びREITがあります(いずれも国内外含む)。逆に受け入れ対象外となる金融商品は、非上場株式、債券、公社債投資信託などの低リスクの商品です。

以上より、①100万円、②5年間、③上場不動産投資信託(J-REIT) となる[1]の組合せが適切です。