FP3級 2015年9月 実技(FP協会:資産設計)問12

問12

株式会社SJに勤務する会社員の川久保すみれさんは、平成27年中に下記<資料>の医療費等を支払っており、確定申告において医療費控除の適用を受けたいと考えている。川久保さんの平成27年分の医療費控除の対象となる支出額(合計額)として、正しいものはどれか。なお、支払った医療費等はすべて川久保さん本人のために支払ったものであり、保険金等で補てんされた金額はない。
<資料>
虫歯の治療のために歯科医院に支払った金額
70,000円
複雑骨折をして入院治療をしたために病院に支払った金額
80,000円
薬局で購入した市販の風邪薬の代金
15,000円
サプリメントの購入費用
80,000円
  1. 150,000円
  2. 165,000円
  3. 230,000円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

この問題に対する解説はまだありません。