FP3級 2015年5月 実技(金財:個人)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

Mさんは、Aさんに対して、公的年金について説明した。Mさんの、Aさんに対する説明に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんは、原則として61歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給することができます」
  2. 「Aさんが老齢基礎年金の繰上げ支給の請求をした場合、老齢基礎年金の年金額は繰上げ1カ月当たり0.7%減額されます」
  3. 「Aさんが65歳以降に受給する老齢厚生年金には、妻Bさんが65歳になるまでの間、加給年金額が加算されます」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

  1. 不適切。Aさんの生年月日が該当する1955年(昭和30年)4月2日生から1957年(昭和32年)4月1日生の方は、62歳から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)を受給することができます。
    03.png/image-size:482×242
  2. 不適切。老齢基礎年金の繰上げ支給の請求をした場合の減額率は、繰上げ1カ月当たり0.4%です。
  3. [適切]。Aさんのように厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある場合、配偶者が65歳になるまでの間、老齢厚生年金に加給年金額が加算されます。
したがって適切な記述は[3]です。