FP3級 2015年5月 実技(金財:保険顧客)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

次に、Mさんは、生命保険の見直しについてアドバイスした。Mさんの、Aさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「保険金額を減額することで、保険料負担を軽減することができます。Aさんの必要保障額を改めて試算し、支出可能な保険料の範囲内で保障内容の見直しを検討してはいかがでしょうか」
  2. 「契約転換制度を利用すれば、転換価格を転換後契約の保険料に充当することができ、かつ、転換後契約の保険料は転換前契約の加入時の年齢により算出されますので、新規に加入するよりも保険料の上昇を抑えることができます」
  3. 「現在加入している生命保険契約を払済終身保険に変更すれば、入院特約などの各種特約は消滅しますが、以後の保険料負担はなく、現在の契約と同額の死亡保険金額を確保することができます」

正解 1

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。