FP3級 2015年5月 実技(金財:保険)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

次に、Mさんは、Aさんが原則として65歳から受給することができる老齢基礎年金の年金額を試算した。Mさんが試算した老齢基礎年金の年金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんは、X社を退職後、60歳になるまで国民年金保険料を納付するものとし、老齢基礎年金の年金額は、平成26年度価額(物価スライド特例措置による金額)に基づいて計算するものとする。
  1. 772,800円×444月480月
  2. 772,800円×444月+36月×1/3480月
  3. 772,800円×298月+36月×1/3480月

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

老齢基礎年金の年金額は以下の計算式で決定されます。
まずは、60歳までの保険料納付期間を算出します。Aさんの保険料納付期間は、厚生年金保険の保険料納付済146月と国民年金の保険料納付予定の298月の合計444月となります。学生納付特例制度の期間は、追納がなければ納付済み期間に算入されません。

満額772,800円(平成26年度価額)はすべての期間480月分の保険料を納めた時に受給できる年金額ですので、そのうち444月分が受給できることになります。

よって正解は、「772,800円×444月480月」となります。