FP3級 2015年10月 実技(金財:個人)問14

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問14

Aさんに係る相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. Aさんは、妻Bさんに全財産を相続させたいと思っており、遺言で妻Bさんの相続分の指定をすることが考えられるが、一般に遺言により相続分を指定する場合、遺留分権利者の遺留分を侵害しないように留意する必要がある。仮に、Aさんの相続が現時点で開始した場合、兄Cさんは、遺留分権利者と()。
  2. Aさんに係る相続について、妻Bさんが「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受ける場合、妻Bさんは法定相続分相当額または()のいずれか大きい額までの取得については相続税は課されない。この規定の適用を受けることにより妻Bさんの納付すべき相続税額が0(ゼロ)となる場合、妻Bさんは相続税の申告は()である。
  1. ① ならない ② 1億8,000万円 ③ 不要
  2. ① ならない ② 1億6,000万円 ③ 必要
  3. ① なる ② 1億6,000万円 ③ 不要

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

この問題に対する解説はまだありません。