FP3級 2015年10月 実技(金財:保険顧客)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、生命保険の見直しについてアドバイスをした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「一般に、個人事業主の遺族に遺族厚生年金や死亡退職金等が支払われることはないため、個人事業主は会社員に比べて必要保障額が大きく算出される傾向があります。Aさんが現時点で死亡した場合の必要保障額を算出したうえで、死亡保障の見直しを検討してください」
  2. 「Aさんが加入している終身保険の予定利率は、契約時期から判断して、現在よりも高いことが推察されます。終身保険はその解約返戻金を老後の生活資金として活用することもできますので、終身保険は継続されることをお勧めします」
  3. 「個人事業主が加入する国民健康保険では高額療養費制度が設けられていないため、会社員に比べて医療費の自己負担額が多くなる傾向があります。医療保障の充実をご検討ください」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。