FP3級 2015年10月 実技(金財:保険顧客)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

最後に、Mさんは、国民年金の保険料について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「国民年金の保険料は前納することができます。前納した場合は、前納期間に応じて保険料の割引があります」
  2. 「国民年金の保険料の納付方法は、納付書による現金納付や口座振替のほかに、クレジットカードにより納付することもできます」
  3. 「毎月の保険料はその月の末日が納期限となりますが、納期限までに納付しなかった保険料は、納期限から3年間に限り、遡って納めることができます」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

  1. 適切。国民年金の保険料は、前納することができます。6カ月分・1年分・2年分とまとめて納めることができ、期間に応じ多少の割引があります。
  2. 適切。国民年金の保険料は、納付書を利用して金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどで現金納付をする方法や、口座振替・クレジットカードやインターネットを利用して納付することもできます。
  3. [不適切]。国民年金の保険料は、納付対象月の翌月末日が納付期限となります。納期限までに納付しなかった場合でも、その後2年以内であれば納めることができます。これを「国民年金保険料の後納制度」といいます。
したがって不適切な記述は[3]です。