FP3級 2015年1月 実技(金財:個人)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

甲土地を購入する場合の留意点に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. Aさんが法務局で甲土地の登記事項証明書の交付申請を行う場合、当該交付についての許可を甲土地の所有者であるBさんから得た旨の証明書を申請時に提出する必要がある。
  2. 甲土地の所有権に関する登記の登記事項は、登記記録の権利部甲区で確認することができる。
  3. 甲土地の売買契約の締結にあたり、AさんがBさんに解約手付金を交付した場合、Bさんが契約の履行に着手するまでは、Aさんはその手付金を放棄して契約を解除することができる。

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:2.不動産の取引

解説

  1. [不適切]。登記事項証明書は、特別な許可なく、利害関係者であるなしにかかわらず誰でも交付申請できます。
  2. 適切。登記記録の権利部は甲区と乙区に分かれており、甲区には「所有権に関する事項」、乙区には「所有権以外に関する事項」が記載されています。
    甲土地の所有権に関する事項を確認するには、登記記録の権利部甲区を見ます。
  3. 適切。解約手付は、相手方が履行に着手する前であれば、買主は手付放棄して、売主は手付の倍額償還によって契約解除が可能です。
    本肢のケースでは、買主がAさん、売主がBさんになるので、AさんはBさんが契約の履行に着手する前であれば、手付を放棄して契約解除をすることができます。
したがって不適切な記述は[1]です。