FP3級 2015年1月 実技(金財:個人)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

介護保険についてMさんがAさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

 「介護保険の被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者に区分されます。第2号被保険者は、市町村または特別区の区域内に住所を有する40歳以上()未満の公的医療保険加入者です。介護保険の第2号被保険者は、保険者から()要介護状態または要支援状態と認定された場合に、保険給付を受けることができます。介護保険の介護給付または予防給付のサービスを受けた者は、原則として、実際にかかった費用(食費、居住費等を除く)の()を自己負担することになります」
  1. ① 60歳 ② 特定疾病による ③ 3割
  2. ① 60歳 ② 原因を問わず ③ 1割
  3. ① 65歳 ② 特定疾病による ③ 1割

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

〔①について〕
公的介護保険の第2号被保険者は40歳以上65歳未満の公的医療保険加入者です。

〔②について〕
第2号被保険者は、老化に伴う疾病(特定疾病)が原因で要介護(要支援)認定を受けたときにのみ介護保険給付を受けることができます。一方、第1号被保険者は原因を問わず介護サービスを受けたときに介護給付を受けられます。

〔③について〕
介護保険の自己負担割合は、原則として1割です(高所得の第1号被保険者は2割又は3割)。

以上より、①65歳、②特定疾病による、③1割 となる[3]の組合せが適切です。