FP3級 2015年1月 実技(金財:保険)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、がん保険の一般的な商品性について説明した。Mさんの、Aさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。
  1. 「がん保険には一定の免責期間があり、その期間中にがんと診断されたとしても診断給付金は支払われません」
  2. 「がん保険には、がんと診断されて診断給付金が支払われ、そのがんが治癒した後にがんが再発した場合に、診断給付金が再度支払われる商品もあります」
  3. 「がん保険では、一般に、1回の入院で受け取ることができる入院給付金は120日分が限度となっています」

正解 3

分野

科目:B.リスク管理
細目:5.第三分野の保険

解説

  1. 適切。この待期期間の考え方は、がん保険の特徴です。加入後90日の待期期間の後にがん保険が実際に保障開始するイメージです。なお、90日以内にがんに罹患した際には当該保険契約は無効となります。
  2. 適切。再発の際に保険金が支払われる特約も近年多く発売されています。
  3. [不適切]。通常の医療保険は、一入院あたりの上限日数や通算入院日数が決められている場合がほとんどです。
    しかしながら、がん保険の場合はその日数に制限はありません。これもがん保険の特徴です。
したがって不適切な記述は[3]です。