FP3級 2015年1月 実技(FP協会:資産設計)問12

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問12

牧村正樹さん(38歳・会社員)は妻のみどりさん(36歳・パートタイマー)と2人で暮らしている。牧村さん夫婦の平成26年分の所得等が下記<資料>のとおりである場合、所得税に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

<資料>
  • 正樹さんの平成26年分の合計所得金額:800万円
  • みどりさんの平成26年分の給与の収入金額:120万円
※正樹さんとみどりさんは同一生計である。
12_1.gif/image-size:560×160
12_2.gif/image-size:432×214
  • みどりさんの平成26年分の給与所得の金額は、()である。
  • 正樹さんの平成26年分の人的控除に係る所得控除額は、基礎控除38万円と()を合計した額である。
  1. (ア)55万円 (イ)配偶者控除38万円と配偶者特別控除21万円
  2. (ア)55万円 (イ)配偶者特別控除21万円
  3. (ア)65万円 (イ)配偶者特別控除11万円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:2.所得税の仕組み

解説

〔(ア)について〕
給与所得の金額は「給与収入ー給与所得控除額」で求められます。
設問の速算表を見ると、年間給与収入が162.5万円以下の場合の給与所得控除額は65万円です。妻みどりさんの給与収入は120万円ですので、給与所得の金額は、

 120万円-65万円=55万円

〔(イ)について〕
人的控除には、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除等があります。設問の条件に従えば、牧村さんが適用を受け得る人的所得控除は妻みどりさんに係るものだけとなります。
今回の場合、みどりさんの給与所得は55万円ですので、正樹さんは配偶者特別控除の適用を受けられます。
配偶者特別控除額の速算表から、55万円の該当箇所を見ると21万円であることがわかります。したがって、配偶者特別控除額は21万円となります。なお、配偶者控除と配偶者特別控除は一緒に適用できません。

※平成30年(2018年)より、配偶者特別控除の適用所得が拡大されています。本問は試験実施時の法令を基に解説していますのでご注意ください。

以上より、(ア)55万円、(イ)配偶者特別控除21万円 となる[2]の組合せが適切です。