FP3級過去問題 2013年5月学科試験 問46

問46

所得税において総合課税の対象となる所得に係る税率は、原則として課税標準が大きくなるに応じて税率が高くなる()となっている。
  1. 累進税率
  2. 比例税率
  3. 制限税率

正解 1

解説

所得税は、課税対象金額をいくつかの段階に分け、その金額が高くなるにつれて税率が高くなる超過累進税率です。2013年現在は5%~40%の6段階に区分されています。

したがって[1]が正解です。

※備考
制限税率
課税する場合に、これを超えて課税してはならないと定められている税率のこと
比例税率
課税標準の金額の多寡にかかわらず同じ税率のこと

この問題と同一または同等の問題