FP3級過去問題 2012年1月学科試験 問19

問19

居住者が確定拠出年金の個人型年金の掛金を支払った場合、その支払った金額は、小規模企業共済等掛金控除として所得税における所得控除の対象となる。

正解 

解説

確定拠出年金とは、拠出された掛金をもとにした積立てが加入者個人ごとに行われ、掛金とその運用収益との合計額によって年金給付額が決定される年金制度です。企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して、加入者自身が運用します。掛金を企業が拠出する企業型年金と加入者自身が拠出する個人型年金(iDeCo)があります。
確定拠出年金の掛金は、その全額が小規模企業共済等掛金控除となり所得から控除されます。したがって記述は[適切]です。

ちなみに小規模企業共済等掛金控除の適用により掛金全額が所得から控除される共済・制度は以下の3種類です。
  • 確定拠出年金の掛金
  • 小規模企業共済および経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)の掛金
  • 心身障害者扶養共済制度の掛金