FP3級過去問題 2010年5月学科試験 問45

問45

期間1年、年利0.1%の米ドル建て外貨定期預金に、預入時のTTSレートが1米ドル=100円のときに10,000米ドル分を預け入れた。1年後に、TTBレートが1米ドル=110円であった場合、円ベースでの年利回りは()である。
(注)なお、利回りに端数が生じる場合には、表示単位(%)の小数点以下第3位を四捨五入することとし、税金は考慮しないこととする。
  1. -10.11%
  2. 9.18%
  3. 10.11%

正解 3

問題難易度
肢111.1%
肢216.6%
肢372.3%

解説

預入れ時にはTTSレートが1米ドル=100円だったので、その原資は、

 10,000米ドル×100円=1,000,000円

になります。そして年利が0.1%なので、1年後の元利合計額は、

 10,000米ドル×1.001=10,010米ドル

これをTTBレートが1米ドル=110円で円貨に戻すので、

 10,010米ドル×110円=1,101,100円

円ベースでの年利回りは、

 1,101,100円-1,000,000円1,000,000円
=101,100円÷1,000,000円=10.11%

したがって[3]が適切です。