FP3級過去問題 2009年9月学科試験 問21

問21

借地人が、地上権を譲渡する場合には、土地所有者の承諾を必要としないが、土地の賃借権を譲渡する場合は、原則として土地所有者の承諾を得なければならない。

正解 

問題難易度
72.8%
×27.2%

解説

借地権が地上権である場合には、賃借人は土地所有者(借地権設定者)の承諾なしに、その地上権を譲渡できます。これは、借地上の建物を譲渡する際に地上権もいっしょに譲渡できるようにしなければ借地人が建物を自由に処分できなくなってしまうからです。
一方、賃借人が賃借権を他の人に譲渡したり、転貸したりするときには土地所有者の承諾が必要となります。

ただし、借地借家法では借地人の保護のため、土地所有者が賃借権の譲渡や転貸を認めない場合には、借地権者が裁判所に請求することにより土地所有者に代わる許可を受ける権利や、借地上の建物を購入した第三者が土地所有者に対して建物を時価で買い取るように請求できる権利を認めています。

したがって記述は[適切]です。