FP3級過去問題 2009年5月学科試験 問23

問23

宅地建物取引業者が宅地・建物の売主または交換の当事者となる場合は、買主または交換により物件を取得する者もしくはそれらの代理人に対して、宅地建物取引業法に規定する重要事項を記載した書面について、契約が成立した後に、速やかに説明を行わなければならない。

正解 ×

解説

この問題に対する解説はまだありません。