FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問42

問42

ある企業の株価・配当金・純利益が下記のとおりである場合、この株式の配当利回りは()%、株価収益率(PER)は()倍と計算できる。
42.gif/image-size:204×66
  1. ① 10  ② 4
  2. ① 6.25  ② 8
  3. ① 3.75  ② 16

正解 3

解説

配当利回りは、株価に対する配当金の割合を示す指標で、以下の式で算出されます。

 配当利回り(%)=1株当たりの配当金÷株価×100

設問の条件では、1株当たりの配当金が30円、株価が800円なので、

 30÷800×100=3.75(%)

株価収益率(PER)は、1株当たりの純利益に対する株価の割合を示す指標で、低い値であるほど割安と判断されます。PERの算出式は以下の通りです。

 株価収益率(倍)=株価÷1株当たりの純利益

設問の条件では、1株当たりの純利益が50円、株価が800円なので、

 800÷50=16(倍)

したがって[3]の組合せが適切です。