FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問18

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問18

所得税において、納税者が控除対象配偶者を有し、かつ、年間の合計所得金額が1,000万円以下である場合は、所得控除として配偶者控除と配偶者特別控除の両方の適用を受けることができる。

正解 ×

解説

配偶者控除配偶者特別控除は、一定の所得以下の配偶者がいる納税者に対して適用される所得控除であり、どちらが適用されるかはその年の配偶者の所得によって異なります。
  • 配偶者の所得が38万円以下 → 配偶者控除
  • 配偶者の所得が38万円超76万円以下 → 配偶者特別控除
また配偶者特別控除が適用されるためには納税者の所得金額が1,000万円以下であるなどが必要です。そして両方の控除を共に受けることはできません

したがって記述は[誤り]です。

平成29年分までの基準額。平成30年分以後は38万円超123万円以下となります。