FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問17

問17

個人が土地・建物を譲渡して譲渡益が生じた場合、譲渡した年の1月1日時点における所有期間が5年以内の土地・建物に係る譲渡益は、所得税において短期譲渡所得とされ、5年超の土地・建物に係る譲渡益は長期譲渡所得とされる。

正解 

解説

譲渡所得は、譲渡対象物の種類及び所有期間によって以下の5つに区分されます。
土地・建物の譲渡における所有期間は、譲渡した年の1月1日時点を基準に計算します。この所有期間が5年以下であれば短期譲渡所得、5年超であれば長期譲渡所得に区分されます。

したがって記述は[適切]です。