FP3級過去問題 2008年9月学科試験 問7

問7

逓減定期保険とは、保険金が期間の経過に応じて所定の割合で減少していく保険であり、通常、保険金の減少と同一の割合で毎回の払込保険料も減少していくという特徴がある。

正解 ×

解説

逓減(ていげん)定期保険は、保険契約期間の経過に伴い保障額が徐々に減っていくタイプの保険です。保障額は減少していきますが、保険料はあらかじめそれを織り込んだ形で設定されているため保険期間を通じて一定です。
逓減定期保険における毎回の払込保険料は定額です。したがって記述は[誤り]です。