FP3級過去問題 2008年5月学科試験 問31

問31

ファイナンシャル・プランナーが家計に係るキャッシュフロー表等を作成する場合は、可処分所得を把握することが重要であるが、一般に可処分所得は、年収から所得税、住民税および()を控除した金額とする。
  1. 生命保険料
  2. 社会保険料
  3. 教育費

正解 2

解説

可処分所得とは、収入のうち個人が自分の意思で使える部分のことです。ライフプランニングの際に作成するキャッシュフロー表の年間収入欄には可処分所得を記載します。可処分所得の金額は、一般に、年収から税金(所得税・住民税)と社会保険料を控除して求めます。

 可処分所得=年収-(税+社会保険料)

したがって[2]が適切です。

この問題と同一または同等の問題