FP3級過去問題 2008年5月学科試験 問4

問4

労働者災害補償保険の給付対象となる労働者は、適用事業所の正規雇用の社員のみであり、パートタイマー、アルバイトおよび日雇労働者は給付対象とならない。

正解 ×

解説

労働者災害補償保険(労災保険)は、業務上の事故や通勤途中の事故によって生じたケガ、病気、障害、死亡などに対して必要な給付をする制度です。業務規模や雇用形態によらず労働者を1人でも雇う事業者は労災保険への加入義務があります。労災保険は、会社と従業員が折半して負担する社会保険料や雇用保険料と異なり、保険料全額を事業主が負担する仕組みになっています。

労災保険における労働者とは、「職業の種類を問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる者」をいい、労働者であればアルバイトやパートタイマー等の雇用形態は関係ありません。したがって記述は[誤り]です。