FP3級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問18

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問18

大地さんは、老後に備え財形年金貯蓄制度を利用している。そこで財形年金貯蓄制度について理解を深めておこうと思い、FPの唐沢さんに質問をした。財形年金貯蓄制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 貯蓄型の財形年金貯蓄(銀行、証券会社などの財形年金貯蓄)は、財形住宅貯蓄と合わせて元本550万円までの利子等が非課税となる。
  2. 財形年金貯蓄制度は金融機関を通じて1人2契約まで契約することが可能である。
  3. 財形年金貯蓄制度の積立期間は5年以上必要である。

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. 適切。財形年金貯蓄は、財形住宅貯蓄と合わせて、預貯金であれば元利合計550万円まで、保険であれば払込累計385万円までの利子等が非課税です。
  2. [不適切]。財形年金貯蓄を利用できるのは、満55歳未満の勤労者で、他に財形年金契約をしていない方です。したがって1人1契約に限ります(一般財形貯蓄や財形住宅貯蓄との併用は可能)。
  3. 適切。財形年金貯蓄は最低5年の積立期間が必要です。
したがって不適切な記述は[2]です。